2018 フランス代表 11人 メンバーTシャツ 新発表

今日は、フランス代表2018シーズンに着用する新Tシャツを推薦します。超素敵なTシャツですよ~フランス代表 ユニフォーム、女子と子供用も発売されたが、お気に入り方はぜひ見逃さないでください~

2018 フランス代表 11人 メンバーTシャツ 

2018 フランス代表 11人 メンバーTシャツ 

2018 フランス代表 11人 メンバーTシャツ 

価格:3675円

シーズン:2018

メーカーカラー:ディープブルー、ブルー、ホワイト

着用場合:ジム、トレーニング、インナー、ランギング、仕事場、部活など。

【特徴】
・全体シンプルなデザインを採用し、コロケーションしやすい。
・胸には11名フランス代表のカワイイ人像インプリントがある。
・基本的なクルーネックです。
・FIFAロゴ、協会エンブレム、フランス英語名称などもプリントしています。

【機能】
ナイキ最新製造技術を採用。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供する。

【素材】
ポリエステル100%

フランス代表 ユニフォーム、Tシャツ、トレーニングウエアなどをお探しなら、下記のボタンをリンクして購入可能。

 

2018 フランス代表 トレーニングTシャツ 半袖

最近、気温も天気も運動にとってリーズナブルな時期ですよね~コスパ高いトレーニングTシャツを推薦します。激安販売中、ご購入は早めに~

2018 フランス代表 トレーニングTシャツ 半袖

価格:3,462円

シーズン:2018

カラー:ホワイト

着用場合:ジム、トレーニング、内着、ランギング、仕事場、部活など。

【特徴】
・ブラックストライプデザイン、着痩せ効果抜群。
・右胸にメーカーロゴを刺繍しています。
・基本的なクルーネック。
・サプライヤーは前続きナイキです。

【機能】
ナイキ最新製造技術を採用。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供する。

【素材】
ポリエステル100%

【インポートサイズ】
■Sサイズ:身長165-170cm、胸囲100cm、着丈71cm、体重50-68kg
■Mサイズ:身長170-175cm、胸囲105cm、着丈73cm、体重63-75kg
■Lサイズ:身長175-180cm、胸囲110cm、着丈75cm、体重71-80kg
■XLサイズ:身長180-185cm、胸囲115cm、着丈77cm、体重81-90kg
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

フランス代表 トレーニングTシャツのメインカラーは伝統的なブルーフランス代表 ユニフォームと違って、トレーニングシリーズはほとんどホワイトとブルーの2色合わせるデザインに採用。

 

2018ワールドカップ フランス代表 ユニフォームが発表

本日は、2018ロシアワールドカップに向けの「フランス代表 ユニフォーム 2018 ホーム&アウェイ 半袖」のデザイン詳細などを簡単に紹介します。

最新シーズンのフランス代表 ユニフォームにご興味がある大ファンたちは是非ご覧ください。

新発表のホーム ユニフォームは、ネイビーを基調にスリーブ部分にブルーを配している。

肩から袖にかけてのギザギザがヴェイパーニットの特徴的なデザイン。

新しいホームユニフォームはクラシックなボタンダウンの襟を採用。胸のボタンにはフランス共和国の標語“Liberté, Égalité, Fraternité”(自由、平等、友愛)をエンボス加工している。

新しいアウェイ ユニフォームは白を基調としたデザイン、レッドとブルーの斑点模様が特徴の“ハイパースペックル・ニット”を採用している。

左胸の協会エンブレムと右胸のメーカーロゴはネイビーカラーを採用。

アウェイのパンツはネイビーで、ソックスが白基調。

2018 フランス代表 トレーニングウェア 上下セット ネイビー登場

「LES BLEUS」と愛称されのサッカーフランス代表チーム、フランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスサッカーのナショナルチームです。今回2018ロシア W杯 カップの出場も決めましたが、新シーズン着用するユニフォームグッズも公開された。今日は、フランス代表 春季に向けたユニフォームを紹介致します。

春季向けたフランス代表 トレーニングウェア 上下セットも発売されますが、春季にとってちょっといいトレーニングウェアです。コスパが高い商品で、今特別価格でセール中、まず、イメージ写真を御覧ください。

(イメージ写真をリンクして購入できる)

下記は2018 フランス代表 トレーニングウェア 上下セット ネイビー詳しい情報です。

【カラー】
ネイビー

【特徴】
・サプライヤーは前モデルに続き「NIKE」です。
・ウエストにはゴム入り、調節用のヒモつけていますが、体型によって適当な調節が可能です。
・メーカーロゴは刺繍します。
・クラブエンブレムは織りワッペン縫いつけています。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

【機能】
熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

【素材】
ポリエステル/コットン

【インポートサイズ】
■Sサイズ:身長165-170cm、胸囲100cm、着丈69cm、ズボン長さ98cm、
■Mサイズ:身長170-175cm、胸囲105cm、着丈73cm、ズボン長さ101cm、
■Lサイズ:身長175-180cm、胸囲110cm、着丈76cm、ズボン長さ104cm、
■XLサイズ:身長180-185cm、胸囲115cm、着丈79cm、ズボン長さ107cm
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

メインカーラーはフランス代表 ユニフォーム伝統的なネイビーに採用し、他人に上品な感覚に与えます。袖とズボン部分はホワイトストライプをプリントして、胸にはサプライヤーロゴとチームエンブレムも配置しています。普段使いも全然違和感なく、他の服と色のコントラストを楽しむ事もできて、コンビネーションしやすいでしょう、一枚買いみましょうが。

 

2016 フランス代表 ホーム ユニフォーム ラグラン袖 激安通販

フランス代表 ユニフォーム。2016モデル。レプリカ仕様。ホーム ユニフォーム 激安通販中。

フランス代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 商品詳細:

【通販価格】
¥3550円

【マーキングについて】
加工位置は背ネーム、背・胸番号です。加工サイズは背番号:25cm、胸番号:10cmとなります。(料金は118円となる)

【カラー】

【特徴】
・サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・ホームは伝統の青を使用されておりました。
・フロントはインカ帝国の太陽神インティを象徴する「五月の太陽」の透かしが入りました。
・Vネック/ラグランスリーブ。

【素材】
ポリエステル100%

買い物手続きへ

スタッド・ド・フランス

スタッド・ド・フランスはフランスのパリ北郊、イル・ド・フランス地域圏セーヌ・サン・ドニ県にある最大のスタジアムです。1998 FIFAワールドカップには主催国としてのフランス、フランス開催のおりに建てられました。 最終1998 FIFAワールドカップに優勝を取って、 それだけの値打ちはあります。

このスタジアムは長さ119m、広さ75mの面積を持っていた多目的スタジアムであす。収容人数は8万人で、建設費が2.85億ユーロを費やしました。球技のみならず陸上競技も開催可能であり、2003年世界陸上競技選手権大会の主会場、IAAFダイヤモンドリーグの1戦ミーティングアレヴァの会場となっています。

フランス最大のスタジアムとして、多数の国際試合がここで行われています。たとえば、ラグビーワールドカップ1999、2003年世界陸上競技選手権大会、ラグビーワールドカップ2007やUEFA EURO 2016や2024年パリオリンピックなどです。

1998 フランス代表 ホーム ユニフォーム ブルー

1998 FIFAワールドカップは、1998年6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップです。出場国はスペイン代表、イタリア代表、ベルギー代表、ブラジル代表などのサッカー代表を含めます。決勝戦は地元のフランス代表と前回優勝国のブラジル代表対戦して、フランス代表がこの試合で初優勝を果たしました。以下のユニフォームは1998 FIFAワールドカップに出場した時に着用したユニフォームです。次はこのユニフォームを紹介します。

ホームには伝統の青を基調に、ホワイトストライプデザインを採用します。メーカーブランドはドイツのスポーツブランド「アディダス」で、胸前に刺繍します。

  

左胸にあしらわれた協会エンブレムに描かれているのはフランスの国鳥le coq(ル・コック=雄鶏)。サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用します。

このユニフォームを購入したいなら、ここをクリックして購入します

フランス代表の監督:デシャン

デシャン、本名はディディエ・クロード・デシャンで、1968年10月15日にはフランスのバイヨンヌで生まれたたサッカー選手・サッカー指導者です。サッカー選手時代のポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、利き足は右足です。

2001年には選手生活に終止符を打った。その後、監督の生涯が始まり、2001-2005にはモナコ、2006-2007ユベントス、2009-2012マルセイユの監督を担任し、2012年7月8日よりフランス代表監督を務めました。

【獲得タイトル】
代表:
1998年 ワールドカップ: 優勝
2000年 欧州選手権: 優勝
クラブ:
マルセイユ時代:1992-93 UEFAチャンピオンズリーグ :優勝
ユヴェントス時代1995-96 UEFAチャンピオンズリーグ: 優勝
1996年 インターコンチネンタルカップ(トヨタカップ):優勝

彼が1998年から2000年にかけてのフランス代表の黄金期を支えたキャプテンだと認めれます。小柄(174cm)ながら素晴らしい選手と監督だと思います。

フランス代表の人気選手-アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマン(1991年3月21日 – )は、フランス・ブルゴーニュ地域圏マコン出身のサッカー選手。フランス代表。リーガ・エスパニョーラ・アトレティコ・マドリード所属。なお本人によれば Griezmann は「グリエズマン」と発音されるべきである

2009年9月6日のレアル・ムルシア戦で途中出場して18歳でリーガデビューすると、9月27日のSDウエスカ戦では初先発と初得点を記録し、その後はレギュラーの座を確保した。 2010年後半には、アントワン・グリエスマンレアル・ソシエダに代わって初めて、リーガエスパニョーラでプレー。 2013年、アントワン・グリエスマンが第四最年少のリーガエスパニョーラの歴史の成果に百のゲームを取得するためのプレーヤーとなりました。 2014年7月、アントワン・グリエスマン3000万ユーロで、プリメーラリーグクラブアトレティコ・マドリードに入籍しました。 2015-2016シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグでバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン相手にゴールを上げ、チームをファイナルへ進出させる原動力となった。2016年6月21日、アトレティコと2021年6月30日まで契約を延長することを発表した。

2014年3月5日、オランダとの親善試合でA代表初出場を果たした。同年6月1日のパラグアイとの親善試合で代表初得点を記録。 2014 ブラジルワールドカップ大会では、得点こそなかったが大会直前に離脱したフランク・リベリーの穴を埋める活躍をみせた。 2016年6月、アントワーヌ・グリーズマンがフランス代表として欧州チャンピオンズカップをオフに設定し、フランス代表が準優勝に終わっ助けた。ゴールデンブーツ(得点王)に加え、最優秀選手賞を審査員の全会一致で受賞した。2017年5月、ESPNは世界で最も有名なアスリート100人を発表し、36位に選出された。サッカー選手としては11位

サッカーフランス代表のエンブレムの由来

今日は、サッカーフランス代表のエンブレムを紹介いただきます。まずは、フランス代表エンブレムの写真を一緒にご覧になってください。

次は、フランス代表のエンブレムを上から下まで詳しく分析しましょう。

エンブレムが雄鶏の形をしています。雄鶏もフランスの国鳥です。頭のてっぺんの星印はワールドカップ大会で優勝したことを意味しています。FFFはフランスサッカー連盟の英文の略書きです。エンブレム自体が赤、白、青の三色を呈しています。この三色はフランスの国旗のカラーです。フランス要素を融合したエンブレムがフランスチームの国家ヘの帰属意識を十分に表現しました。白は国王を象徴して、赤と青は市民を象徴しています。国全体の団結する姿を印象づけます。

エンブレムの自体の直立する姿、傲然として屈しない気勢がフランスチームの強大の実力を代表しています。この凛々しいエンブレムがチームの競争への気勢をよく励ましました。

サッカーフランス代表について、サッカーフランス代表 歴代 ユニフォームについて、サッカーフランス代表 選手について、フランス代表 エンブレム デザインについてなどの内容を特集ページで掲載中。