サッカーフランス代表のエンブレムの由来

今日は、サッカーフランス代表のエンブレムを紹介いただきます。まずは、フランス代表エンブレムの写真を一緒にご覧になってください。

次は、フランス代表のエンブレムを上から下まで詳しく分析しましょう。

エンブレムが雄鶏の形をしています。雄鶏もフランスの国鳥です。頭のてっぺんの星印はワールドカップ大会で優勝したことを意味しています。FFFはフランスサッカー連盟の英文の略書きです。エンブレム自体が赤、白、青の三色を呈しています。この三色はフランスの国旗のカラーです。フランス要素を融合したエンブレムがフランスチームの国家ヘの帰属意識を十分に表現しました。白は国王を象徴して、赤と青は市民を象徴しています。国全体の団結する姿を印象づけます。

エンブレムの自体の直立する姿、傲然として屈しない気勢がフランスチームの強大の実力を代表しています。この凛々しいエンブレムがチームの競争への気勢をよく励ましました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です