サッカーフランス代表のエンブレムの由来

今日は、サッカーフランス代表のエンブレムを紹介いただきます。まずは、フランス代表エンブレムの写真を一緒にご覧になってください。

次は、フランス代表のエンブレムを上から下まで詳しく分析しましょう。

エンブレムが雄鶏の形をしています。雄鶏もフランスの国鳥です。頭のてっぺんの星印はワールドカップ大会で優勝したことを意味しています。FFFはフランスサッカー連盟の英文の略書きです。エンブレム自体が赤、白、青の三色を呈しています。この三色はフランスの国旗のカラーです。フランス要素を融合したエンブレムがフランスチームの国家ヘの帰属意識を十分に表現しました。白は国王を象徴して、赤と青は市民を象徴しています。国全体の団結する姿を印象づけます。

エンブレムの自体の直立する姿、傲然として屈しない気勢がフランスチームの強大の実力を代表しています。この凛々しいエンブレムがチームの競争への気勢をよく励ましました。

サッカーフランス代表 ユニフォームの演変

サッカーフランス代表のサッカーユニフォームはホームユニフォームとアウェイユニフォームを構成しています。この中では伝統的な青と古典的な白に分けしています。面白いのは、サッカーフランス代表のユニフォームの色が違っても、パンツはカラーは青色または白色にデザインしました。そして、ソックスは赤または白、または青のいずれかであり得ます。チームの歴史の中で開催された最も使用は国旗の色をエコー、白いパンツと赤のソックスと青のユニフォームです。

サッカーユニフォームのカラーは、フランスの国旗への参照です。サッカーフランス代表の愛称もレ・ブルー(Les bleus – 「青」の複数形)です。

1972年以来、2010年までは、サッカーフランス代表とドイツのサプライヤーのアディダスとの契約しました。早期2008に行われた入札に続き、それはアメリカのサプライヤーであるナイキの新しいサプライヤー320万ドルを支払うことになる2018年に2011年1月1日からの期間中、フランス代表 ユニフォームのメーカーブランドは「ナイキ」(Nike)です。