スタッド・ド・フランス

スタッド・ド・フランスはフランスのパリ北郊、イル・ド・フランス地域圏セーヌ・サン・ドニ県にある最大のスタジアムです。1998 FIFAワールドカップには主催国としてのフランス、フランス開催のおりに建てられました。 最終1998 FIFAワールドカップに優勝を取って、 それだけの値打ちはあります。

このスタジアムは長さ119m、広さ75mの面積を持っていた多目的スタジアムであす。収容人数は8万人で、建設費が2.85億ユーロを費やしました。球技のみならず陸上競技も開催可能であり、2003年世界陸上競技選手権大会の主会場、IAAFダイヤモンドリーグの1戦ミーティングアレヴァの会場となっています。

フランス最大のスタジアムとして、多数の国際試合がここで行われています。たとえば、ラグビーワールドカップ1999、2003年世界陸上競技選手権大会、ラグビーワールドカップ2007やUEFA EURO 2016や2024年パリオリンピックなどです。

1998 フランス代表 ホーム ユニフォーム ブルー

1998 FIFAワールドカップは、1998年6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップです。出場国はスペイン代表、イタリア代表、ベルギー代表、ブラジル代表などのサッカー代表を含めます。決勝戦は地元のフランス代表と前回優勝国のブラジル代表対戦して、フランス代表がこの試合で初優勝を果たしました。以下のユニフォームは1998 FIFAワールドカップに出場した時に着用したユニフォームです。次はこのユニフォームを紹介します。

ホームには伝統の青を基調に、ホワイトストライプデザインを採用します。メーカーブランドはドイツのスポーツブランド「アディダス」で、胸前に刺繍します。

  

左胸にあしらわれた協会エンブレムに描かれているのはフランスの国鳥le coq(ル・コック=雄鶏)。サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用します。

このユニフォームを購入したいなら、ここをクリックして購入します

フランス代表の監督:デシャン

デシャン、本名はディディエ・クロード・デシャンで、1968年10月15日にはフランスのバイヨンヌで生まれたたサッカー選手・サッカー指導者です。サッカー選手時代のポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、利き足は右足です。

2001年には選手生活に終止符を打った。その後、監督の生涯が始まり、2001-2005にはモナコ、2006-2007ユベントス、2009-2012マルセイユの監督を担任し、2012年7月8日よりフランス代表監督を務めました。

【獲得タイトル】
代表:
1998年 ワールドカップ: 優勝
2000年 欧州選手権: 優勝
クラブ:
マルセイユ時代:1992-93 UEFAチャンピオンズリーグ :優勝
ユヴェントス時代1995-96 UEFAチャンピオンズリーグ: 優勝
1996年 インターコンチネンタルカップ(トヨタカップ):優勝

彼が1998年から2000年にかけてのフランス代表の黄金期を支えたキャプテンだと認めれます。小柄(174cm)ながら素晴らしい選手と監督だと思います。