カテゴリー別アーカイブ: フランス代表の概要

フランス代表について

2018年ワールドカップ予選大会で、フランス代表とスウェーデン代表やオランダ代表などの強豪代表チームは同じグループで現在のフランス代表はグループリーグの中のランキングが1位である。

サッカーフランス代表はフランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチームである。国際大会に参加する愛称はレ・ブルー(Les bleus – 「青」の複数形)、ル・コック(Le coq – 「雄鶏」の意)。

【サッカーフランス代表概要】

フランスは欧州大陸の国であり、早めにサッカースポーツを展開する国である。その後は、ワールドカップ、欧州チャンピオンズカップやその他の国際大会を共同設立し、サッカーフランス代表も1950年代に上昇し始め、最初に世界に名を轟かせたのは1958年スウェーデン大会である。アルベール・バトー率いるチームには「ナポレオン」の異名を取ったレイモン・コパが居り、彼のパスを受けたFWジュスト・フォンテーヌはゴールを量産し、大会中2度のハットトリックを含む13得点という記録を残して大会得点王に輝いた。このフォンテーヌの記録は後に西ドイツのゲルト・ミュラー、ブラジルのロナウド、ドイツのミロスラフ・クローゼによって破られるが、彼らの記録は2~3大会分を通算しての得点数であるため、1大会で達成した記録としては現在でも誰にも破られていない。準決勝でブラジルに敗れたものの、西ドイツを破って3位に入る健闘を見せた。

1984年、ミシェル・プラティニ率いるフランス代表は自国開催の欧州選手権にて初めての国際タイトルを獲得した。この大会ではプラティニが得点王になるほどの大活躍を見せ、選手としての全盛期であった(1998年大会でのユニフォームはこの年のデザインを踏襲したものである)。しかしワールドカップでは1982年スペイン大会、1986年メキシコ大会と共に準決勝で西ドイツに敗れた。
欧州選手権の優勝により、フランス代表は黄金期を迎えた。デシャンとブランという大黒柱は代表引退したが、翌2001年3月には日本をスタッド・ドゥ・フランスにて5-0で破った。2001-2002シーズンにアンリがプレミアリーグ、トレゼゲがセリエA、ジブリル・シセがリーグ・アンで得点王に輝くなど98年大会よりも攻撃陣が充実しており、2002 FIFAワールドカップの優勝候補筆頭に挙げられていた。

2016年の欧州選手権では、フランス代表では決定機を決められないまま延長戦までもつれこみポルトガルに先制され1-0で敗れ、準優勝に終わった。アントワーヌ・グリーズマンが6得点で大会得点王となった。