カテゴリー別アーカイブ: フランス代表 スタジアム

スタッド・ド・フランス

スタッド・ド・フランスはフランスのパリ北郊、イル・ド・フランス地域圏セーヌ・サン・ドニ県にある最大のスタジアムです。1998 FIFAワールドカップには主催国としてのフランス、フランス開催のおりに建てられました。 最終1998 FIFAワールドカップに優勝を取って、 それだけの値打ちはあります。

このスタジアムは長さ119m、広さ75mの面積を持っていた多目的スタジアムであす。収容人数は8万人で、建設費が2.85億ユーロを費やしました。球技のみならず陸上競技も開催可能であり、2003年世界陸上競技選手権大会の主会場、IAAFダイヤモンドリーグの1戦ミーティングアレヴァの会場となっています。

フランス最大のスタジアムとして、多数の国際試合がここで行われています。たとえば、ラグビーワールドカップ1999、2003年世界陸上競技選手権大会、ラグビーワールドカップ2007やUEFA EURO 2016や2024年パリオリンピックなどです。