タグ別アーカイブ: サッカーフランス代表

フランス代表の人気選手-アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマン(1991年3月21日 – )は、フランス・ブルゴーニュ地域圏マコン出身のサッカー選手。フランス代表。リーガ・エスパニョーラ・アトレティコ・マドリード所属。なお本人によれば Griezmann は「グリエズマン」と発音されるべきである

2009年9月6日のレアル・ムルシア戦で途中出場して18歳でリーガデビューすると、9月27日のSDウエスカ戦では初先発と初得点を記録し、その後はレギュラーの座を確保した。 2010年後半には、アントワン・グリエスマンレアル・ソシエダに代わって初めて、リーガエスパニョーラでプレー。 2013年、アントワン・グリエスマンが第四最年少のリーガエスパニョーラの歴史の成果に百のゲームを取得するためのプレーヤーとなりました。 2014年7月、アントワン・グリエスマン3000万ユーロで、プリメーラリーグクラブアトレティコ・マドリードに入籍しました。 2015-2016シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグでバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン相手にゴールを上げ、チームをファイナルへ進出させる原動力となった。2016年6月21日、アトレティコと2021年6月30日まで契約を延長することを発表した。

2014年3月5日、オランダとの親善試合でA代表初出場を果たした。同年6月1日のパラグアイとの親善試合で代表初得点を記録。 2014 ブラジルワールドカップ大会では、得点こそなかったが大会直前に離脱したフランク・リベリーの穴を埋める活躍をみせた。 2016年6月、アントワーヌ・グリーズマンがフランス代表として欧州チャンピオンズカップをオフに設定し、フランス代表が準優勝に終わっ助けた。ゴールデンブーツ(得点王)に加え、最優秀選手賞を審査員の全会一致で受賞した。2017年5月、ESPNは世界で最も有名なアスリート100人を発表し、36位に選出された。サッカー選手としては11位

サッカーフランス代表のエンブレムの由来

今日は、サッカーフランス代表のエンブレムを紹介いただきます。まずは、フランス代表エンブレムの写真を一緒にご覧になってください。

次は、フランス代表のエンブレムを上から下まで詳しく分析しましょう。

エンブレムが雄鶏の形をしています。雄鶏もフランスの国鳥です。頭のてっぺんの星印はワールドカップ大会で優勝したことを意味しています。FFFはフランスサッカー連盟の英文の略書きです。エンブレム自体が赤、白、青の三色を呈しています。この三色はフランスの国旗のカラーです。フランス要素を融合したエンブレムがフランスチームの国家ヘの帰属意識を十分に表現しました。白は国王を象徴して、赤と青は市民を象徴しています。国全体の団結する姿を印象づけます。

エンブレムの自体の直立する姿、傲然として屈しない気勢がフランスチームの強大の実力を代表しています。この凛々しいエンブレムがチームの競争への気勢をよく励ましました。

フランス代表について

2018年ワールドカップ予選大会で、フランス代表とスウェーデン代表やオランダ代表などの強豪代表チームは同じグループで現在のフランス代表はグループリーグの中のランキングが1位である。

サッカーフランス代表はフランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチームである。国際大会に参加する愛称はレ・ブルー(Les bleus – 「青」の複数形)、ル・コック(Le coq – 「雄鶏」の意)。

【サッカーフランス代表概要】

フランスは欧州大陸の国であり、早めにサッカースポーツを展開する国である。その後は、ワールドカップ、欧州チャンピオンズカップやその他の国際大会を共同設立し、サッカーフランス代表も1950年代に上昇し始め、最初に世界に名を轟かせたのは1958年スウェーデン大会である。アルベール・バトー率いるチームには「ナポレオン」の異名を取ったレイモン・コパが居り、彼のパスを受けたFWジュスト・フォンテーヌはゴールを量産し、大会中2度のハットトリックを含む13得点という記録を残して大会得点王に輝いた。このフォンテーヌの記録は後に西ドイツのゲルト・ミュラー、ブラジルのロナウド、ドイツのミロスラフ・クローゼによって破られるが、彼らの記録は2~3大会分を通算しての得点数であるため、1大会で達成した記録としては現在でも誰にも破られていない。準決勝でブラジルに敗れたものの、西ドイツを破って3位に入る健闘を見せた。

1984年、ミシェル・プラティニ率いるフランス代表は自国開催の欧州選手権にて初めての国際タイトルを獲得した。この大会ではプラティニが得点王になるほどの大活躍を見せ、選手としての全盛期であった(1998年大会でのユニフォームはこの年のデザインを踏襲したものである)。しかしワールドカップでは1982年スペイン大会、1986年メキシコ大会と共に準決勝で西ドイツに敗れた。
欧州選手権の優勝により、フランス代表は黄金期を迎えた。デシャンとブランという大黒柱は代表引退したが、翌2001年3月には日本をスタッド・ドゥ・フランスにて5-0で破った。2001-2002シーズンにアンリがプレミアリーグ、トレゼゲがセリエA、ジブリル・シセがリーグ・アンで得点王に輝くなど98年大会よりも攻撃陣が充実しており、2002 FIFAワールドカップの優勝候補筆頭に挙げられていた。

2016年の欧州選手権では、フランス代表では決定機を決められないまま延長戦までもつれこみポルトガルに先制され1-0で敗れ、準優勝に終わった。アントワーヌ・グリーズマンが6得点で大会得点王となった。

2017 フランス代表 サード ユニフォームについて

2017年3月15日、フランス代表の新たなサードユニフォームはナイキ公式サイトで発売しました。新サードユニフォームのデザインコンセプトは「BLACKisthenewBLEU」です。

上図はナイキのフランス代表 サード ユニフォームのモデルです。

よく見ると、2017 フランス代表 サード ユニフォームは黒を基調にデザインしました。フランスのストリートカルチャーとファッショントレンドも結合しました。総体、黒地Tシャツのようなサッカーユニフォームです。

新ユニフォームのメーカーブランドは前続き「ナイキ」、メーカーロゴは右胸に刺繍しています。黒地のユニフォームでメーカーロゴの色はシルバーを採用しました。カジュアル感もっと強くなりました。左胸はチームエンブレムをバランスよく配置しています。

パンツとソックスは黒で、全体としてはやはり黒の印象が強いね。

Worldcup Uniform:サッカーユニフォーム 通販