タグ別アーカイブ: フランス代表

2018 フランス代表 トレーニングTシャツ 半袖

最近、気温も天気も運動にとってリーズナブルな時期ですよね~コスパ高いトレーニングTシャツを推薦します。激安販売中、ご購入は早めに~

2018 フランス代表 トレーニングTシャツ 半袖

価格:3,462円

シーズン:2018

カラー:ホワイト

着用場合:ジム、トレーニング、内着、ランギング、仕事場、部活など。

【特徴】
・ブラックストライプデザイン、着痩せ効果抜群。
・右胸にメーカーロゴを刺繍しています。
・基本的なクルーネック。
・サプライヤーは前続きナイキです。

【機能】
ナイキ最新製造技術を採用。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供する。

【素材】
ポリエステル100%

【インポートサイズ】
■Sサイズ:身長165-170cm、胸囲100cm、着丈71cm、体重50-68kg
■Mサイズ:身長170-175cm、胸囲105cm、着丈73cm、体重63-75kg
■Lサイズ:身長175-180cm、胸囲110cm、着丈75cm、体重71-80kg
■XLサイズ:身長180-185cm、胸囲115cm、着丈77cm、体重81-90kg
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

フランス代表 トレーニングTシャツのメインカラーは伝統的なブルーフランス代表 ユニフォームと違って、トレーニングシリーズはほとんどホワイトとブルーの2色合わせるデザインに採用。

 

2018 フランス代表 トレーニングウェア 上下セット ネイビー登場

「LES BLEUS」と愛称されのサッカーフランス代表チーム、フランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスサッカーのナショナルチームです。今回2018ロシア W杯 カップの出場も決めましたが、新シーズン着用するユニフォームグッズも公開された。今日は、フランス代表 春季に向けたユニフォームを紹介致します。

春季向けたフランス代表 トレーニングウェア 上下セットも発売されますが、春季にとってちょっといいトレーニングウェアです。コスパが高い商品で、今特別価格でセール中、まず、イメージ写真を御覧ください。

(イメージ写真をリンクして購入できる)

下記は2018 フランス代表 トレーニングウェア 上下セット ネイビー詳しい情報です。

【カラー】
ネイビー

【特徴】
・サプライヤーは前モデルに続き「NIKE」です。
・ウエストにはゴム入り、調節用のヒモつけていますが、体型によって適当な調節が可能です。
・メーカーロゴは刺繍します。
・クラブエンブレムは織りワッペン縫いつけています。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

【機能】
熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

【素材】
ポリエステル/コットン

【インポートサイズ】
■Sサイズ:身長165-170cm、胸囲100cm、着丈69cm、ズボン長さ98cm、
■Mサイズ:身長170-175cm、胸囲105cm、着丈73cm、ズボン長さ101cm、
■Lサイズ:身長175-180cm、胸囲110cm、着丈76cm、ズボン長さ104cm、
■XLサイズ:身長180-185cm、胸囲115cm、着丈79cm、ズボン長さ107cm
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

メインカーラーはフランス代表 ユニフォーム伝統的なネイビーに採用し、他人に上品な感覚に与えます。袖とズボン部分はホワイトストライプをプリントして、胸にはサプライヤーロゴとチームエンブレムも配置しています。普段使いも全然違和感なく、他の服と色のコントラストを楽しむ事もできて、コンビネーションしやすいでしょう、一枚買いみましょうが。

 

フランス代表について

2018年ワールドカップ予選大会で、フランス代表とスウェーデン代表やオランダ代表などの強豪代表チームは同じグループで現在のフランス代表はグループリーグの中のランキングが1位である。

サッカーフランス代表はフランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチームである。国際大会に参加する愛称はレ・ブルー(Les bleus – 「青」の複数形)、ル・コック(Le coq – 「雄鶏」の意)。

【サッカーフランス代表概要】

フランスは欧州大陸の国であり、早めにサッカースポーツを展開する国である。その後は、ワールドカップ、欧州チャンピオンズカップやその他の国際大会を共同設立し、サッカーフランス代表も1950年代に上昇し始め、最初に世界に名を轟かせたのは1958年スウェーデン大会である。アルベール・バトー率いるチームには「ナポレオン」の異名を取ったレイモン・コパが居り、彼のパスを受けたFWジュスト・フォンテーヌはゴールを量産し、大会中2度のハットトリックを含む13得点という記録を残して大会得点王に輝いた。このフォンテーヌの記録は後に西ドイツのゲルト・ミュラー、ブラジルのロナウド、ドイツのミロスラフ・クローゼによって破られるが、彼らの記録は2~3大会分を通算しての得点数であるため、1大会で達成した記録としては現在でも誰にも破られていない。準決勝でブラジルに敗れたものの、西ドイツを破って3位に入る健闘を見せた。

1984年、ミシェル・プラティニ率いるフランス代表は自国開催の欧州選手権にて初めての国際タイトルを獲得した。この大会ではプラティニが得点王になるほどの大活躍を見せ、選手としての全盛期であった(1998年大会でのユニフォームはこの年のデザインを踏襲したものである)。しかしワールドカップでは1982年スペイン大会、1986年メキシコ大会と共に準決勝で西ドイツに敗れた。
欧州選手権の優勝により、フランス代表は黄金期を迎えた。デシャンとブランという大黒柱は代表引退したが、翌2001年3月には日本をスタッド・ドゥ・フランスにて5-0で破った。2001-2002シーズンにアンリがプレミアリーグ、トレゼゲがセリエA、ジブリル・シセがリーグ・アンで得点王に輝くなど98年大会よりも攻撃陣が充実しており、2002 FIFAワールドカップの優勝候補筆頭に挙げられていた。

2016年の欧州選手権では、フランス代表では決定機を決められないまま延長戦までもつれこみポルトガルに先制され1-0で敗れ、準優勝に終わった。アントワーヌ・グリーズマンが6得点で大会得点王となった。